English Gulf Migrants 2 Gulf Migrants Seminar project publication home

プロジェクト

共同研究
アジア系「湾岸アラブ諸国型移民二世」のシティズンシップと生存戦略の研究
 2018年度~2020年度 科学研究費基盤研究(B)(研究代表者:細田尚美)
災いへの対応としての非正規滞在者:東南アジアを事例として
 2017年度~2018年度 東南アジア地域研究研究所共同利用・共同研究拠点「地域情報資源の共有化と相関型地域研究の推進拠点」(研究代表者:北九州市立大学 篠崎香織)
多民族国家マレーシアの社会秩序再編における非正規滞在者の役割
 2016年度~2020年度 科学研究費基盤研究(B) (研究代表者:北九州市立大学 篠崎香織)16H03317
アジアの防災コミュニティ形成のための研究者・実務者・情報の統合型ネットワーク拠点
 2015年度~2017年度 研究拠点形成事業Bアジア・アフリカ学術基盤形成型(研究代表者:京都大学 山本博之)
環境・資源制約下での21世紀の都市成長の可能性
 2015年度~2019年度 科学研究費基盤研究(B) (研究代表者:香川大学 紀伊雅敦)15H02869
新・複合社会論:湾岸諸国の移民に焦点を当てたエスニック集団間関係の研究
 2014年度~2017年度 科学研究費基盤研究(A)(研究代表者:大阪大学 石井正子)
東南アジアにおけるケアの社会基盤―<つながり>に基づく実践の動態に関する研究
 2013年度~2015年度 科学研究費基盤研究(A)(研究代表者:京都大学 速水洋子)
湾岸諸国における外国人労働者―「多外国人国家」における共生・分断モデルの構築
 2011年度~2013年度 科学研究費基盤研究(B)(研究代表者:細田尚美)
●東南アジアにおける複ゲーム状況の人類学的研究
 2009年度~2011年度 科学研究費基盤研究(A)(研究代表者:杉島敬志)
ドバイで働くフィリピン女性のアイデンティティの再編―キリスト教徒とムスリムの比較
 2008年度~2010年度 科学研究費基盤研究(B)(研究代表者:細田 尚美)
笹川平和財団「人口変動の新潮流への対処」事業
 2008年度~2010年度
Global COE Program「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」
 2007年度~2011年度 京都大学(プログラム代表者:杉原薫)
●東南アジアの『非伝統的』安全保障竏驤 国家の対処能力と地域協力体制の現状と課題
 2007年度~2010年度基盤研究(A)(研究代表者:アビナーレス・パトリシオ・N.)
日本学術振興会拠点大学事業「東アジア地域システムの社会科学的研究」共同研究8
「変貌する『家族』」

 2005年度~2008年度 京都大学東南アジア研究所(研究代表者:速水洋子)
●フロンティア社会の地域間比較研究
 1999年度~2001年度 科学研究費基盤研究(B)(研究代表者:田中耕司)

所属学会・研究会、社会活動
東南アジアの社会と文化
新・複合社会論研究会
湾岸移民社会研究会
日本文化人類学会
東南アジア学会
京都人類学研究会
フィリピン社会研究会/フィリピン低地社会研究会
京都サマール友好協会
JAPSAM

▲一番上へ